おかげさまで2017年の2月4日で禁煙生活1年を迎える事ができました。
禁煙をしてからの変化や効果をまとめてみようと思います。

 

Screenshot_20180204-104124

禁煙1年目の効果や変化について

禁煙生活が1年達成できました。私は喫煙歴20年以上のベテランさんでした。禁煙をしようとしたきっかけは私の上司がやはり喫煙者でしたが、足に力が入らなくなったという理由で医者に行ったそうです。原因は1つではないようでしたがその日から喫煙歴40年以上だった上司がタバコをスパッとやめたのが私も禁煙しようとしたきっかけでした。普段から丈夫な上司ですら体調を崩すのだから私なんて下手すると大変な病気になってしまうと思いその上司から遅れる事1か月後に禁煙を始めたのだ昨年2017年2月上旬でした。
禁煙しての効果や変化ですが、いくつかあるのでまとめてみました。

メリット

1.口臭が少なくなった。
以前の私は1日1箱程吸っていました。家族は吸いませんし特に妻は臭いに超敏感です。いつも口臭いって言われガラスのハートを踏みにじられていました。昨日喫煙者と話しているとその人の口臭がう○このような悪臭を放っていました。最悪です。もしも自分も周りの人にこんな不快な思いをさせていたのか家族にも結婚して15年以上悪い事をしたなとの思いです。

2.臭いに敏感になった。
昔は喫煙していたころはかすかな臭いを感じ取る事ができていなかったと思います。最近では喫煙者とすれ違うだけでわかるようになりました。嗅覚の機能が回復した証拠ですね。

3.味覚も正常に戻ってきた。
最近では薄味でも大丈夫になってきました。以前は濃い味のものが好みでしたが、禁煙後は味覚センサーが戻ってきたのか薄味でも満足できるようになっています。体にもいいですし一石二鳥ですよね。

4.吸えないイライラ、喫煙場所を探さなくて良くなった。
喫煙していたころは煙草を消した瞬間から次の喫煙場所の心配をしています。私が住んでいるところは田舎なので何処でも吸えますが昔、東京に行ったときは喫煙所が少なくて困った記憶があります。最近ではレストランや居酒屋でも禁煙席とかあるのですが、間仕切りしていないので煙草のいやな臭いが漂ってきます。あれはやめてほしいです。禁煙したから言うのではありませんが、大勢の人が利用する施設は完全に禁煙にするべきです。しかし、喫煙場所を設けてあげてそこで吸ってもらうようにしたらいいのにな~っていつも思っています。

5.お金が減らなくなった。かな?
タスポを持っていなかったので、コンビニで煙草を買っていました。煙草だけでは足らず缶コーヒーかってみたりついで買いをしてしまい、1か月では結構使っていたと思います。しかし最近ではガムのおっきいボトルに入っているのを10日に1個600円程度を買うのにとどまっています。仮に煙草440円+缶コーヒー130円で約600円×30日で18,000も使っていたのがガム500円×3で1,500円程度で済むようになりました。しかし!なぜかお金は溜まっていません。不思議ですね!

デメリット

1.口さみしくなり間食が増えた。
喫煙者時代はおやつなんて食べなくてもOKだったのに禁煙を始めてからは甘い物が好きになりよくチョコレートを食べていました。結果禁煙1年で体重が6kgも増えてしまいました。今は気長にダイエット中です。私のやり方は間食をなるべく食べないようにしつつ最近では仕事がら歩くようになりました。最近は1日平均10,000歩以上は歩いています。しかし体重は減りません。原因は夕飯が遅いためだと思います。食べて2時間しないうちに寝てしまうことも多々ありますので改善したいのですが今は忙しい為そうもいきません。