先日コンクリート構造物の維持管理について勉強してきました。

鉄筋コンクリートの劣化にはいろいろな種類があります。中性化や塩害、アルカリ骨材反応などがあげられます。まだまだありますが・・・。

今日は鉄筋コンクリート構造物の中性化について書こうと思います。

中性化とは、新規で構造物を作ってから時間の経過と共に構造物表面から水や空気、二酸化炭素が侵入していきます。二酸化炭素がコンクリート中の細孔溶液中に溶解して炭酸イオンとなります。炭酸イオンと水酸化カルシウムから供給されているカルシウムイオンが反応して炭酸カルシウムが出来ます。コンクリートの炭酸化により本来強アルカリ性のコンクリート内がPHが低下します。すると不動体被膜が消失し水分と酸素の供給によりコンクリート内の鋼材が腐食するという原理です。

このコンクリートが中性化しているのか調べる方法はフェノールフタレイン法により調べる事ができます。

はつりによる方法とコア採取によって測定する方法があります。

斫り作業の場合は鉄筋の裏側まではつりとり1%フェノ-ルフタレイン溶液を噴射します。中性化している場所は赤紫色に変色します。

概ねこのような方法で測定します。